花粉飛散前からの服用

花粉症シーズンをより快適に過ごすために

花粉

花粉症の中でも日本では最も有病者が多いのがスギであり、近年有病率が著しく増加しています。
さらに、発症の若年化、自然治癒が少ないことなどから、ますます花粉症の有病率が増えるといわれています。

毎年のつらい花粉症のシーズンをより快適に過ごすためには、花粉が飛散する前から服用することがポイントとなります。

花粉症の専門医による発症前からの服用について

花粉症の専門医は、一般に花粉が本格的に飛散する前から薬を服用するように指導しています。
また、予測される花粉の飛散時期、症状によって、自分に合ったお薬を選ぶことが大切です。

アレギサール®鼻炎

【発症前からの服用による症状緩和イメージ図】

発症前から服用できる医薬品は花粉シーズン中の症状軽減を目的とし、早めに服用していただくことで症状の発現を遅らせ、花粉飛散ピーク時の症状を軽減することができます。(※イメージ図参照)

症状があらわれていなくても、本格的に花粉が飛散する前から服用することをおすすめします。

花粉飛散量の増加とともに症状の憎悪がみられる場合には、早めに点鼻薬を追加するなど治療内容のステップアップが必要です。医師または薬剤師にご相談ください。

ページの先頭へ戻る