アレギサール®鼻炎の作用

アレルギー性鼻炎 発症のメカニズム

花粉、ハウスダスト(室内塵)などによって刺激された肥満細胞が、鼻炎の原因となるケミカルメディエーター(ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサンなど)を放出し、これらが神経、鼻腺、血管などにある受容体に作用することで、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりが起こります。

【発症時のイメージ図】(鼻粘膜内)

「アレギサール鼻炎」の作用 ーケミカルメディエーター遊離抑制作用ー

「アレギサール鼻炎」は肥満細胞を安定化させることで、ケミカルメディエーターの放出を抑え、
アレルギー性鼻炎の3大症状である、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりを緩和します。

【服用時のイメージ図】(鼻粘膜内)アレギサール®鼻炎を発症前から服用すると…アレルギー症状を元から抑えます くしゃみ・鼻みず・鼻づまりが緩和されます

ページの先頭へ戻る